TRCの一日

                                            

副理事長 秋山 雅巳

                                           

日曜日、朝9時、豊岡グラウンド。 「 ピー 」というホイッスルの合図で全員集合。
「それでは、各コーチの指導のもとに練習開始!」
子供たちは緑いっぱいのグラウンド2面を使って走り回る。
1・2年幼児の部53名、 3・4年の部39名、 5・6年の部35名、中学生の部51名、コーチとコーチになりかけの人を含めて指導者36〜7名、それからお母さん中心の女子チーム14人、総勢230人ほどになる。(←2008年10月時点)

入会希望のAさんとお子さんB君が来ました。

Aさん : あの−、うちの子にラグビーをさせたいのですが・・・・・・。
C氏  : ようこそ、さぁどうぞ!

AさんとB君はグランド内のクラブハウス(プレハブ)に通されました。
そこには事務局のE氏が待ち構えています。

Aさん : 入会金と年会費は?
C氏  : 当クラブは、少年部と成年部があって、少年部の新規入会金は一人5500円、継続の場合は5000円です。成年部新規入会金は6000円、継続の場合5500円です。それと少年部には保護者で組織する ”スクラム会”というものがあって、その会費が一家族あたり3000円。そのほか行事があるときは、それぞれ実費を頭割りでいただいています。入会金は初めだけでそれ以外は1年分です。
      B君は新規入会ですから5500円と3000円で8500円ですね。

Aさん : 練習着とかユニフォームなどは?
E氏  : 基本的にはスポーツのできる服装で良いのですが、当クラブのジャージ、ストッキングとスポーツウェアの上下は決まっています。あとスパイクとヘッドキャップです。
小学生のものは市内のスポーツ店で扱っています。それとTシャツがあるのですが、それは当クラブハウスで販売しています。平たく言えばここで売っています。
もし良かったら、リサイクル品もストックしてありますので、サイズのあったものがあれば自由に使ってください。
リサイクル品は先輩たちが寄付してくださったものです。

Aさん : 練習日はいつも日曜日ですか?
E氏  : はい、そうです。毎日曜日9時から約3時間、夏場(7〜8月)は8時から3時間です。
      それに年間スケジュール表がありますので、お持ちください。
      B君、ちょっとグランドでみんなと練習してみようか。ここで話を聞いていてもつまんないもんなあ。
      コーチ!新しい友達のBくんです。よろしく。
Aさん : 今日からですか?なにも準備していないのですが。
E氏  : だいじょうぶですよ。
コーチ : だいじょうぶ、この格好なら心配いりません。Bくん行こう。

  てな具合で、B君は恐る恐るコーチに連れられて、「いざ、グランドへ」。

C氏  : それじゃあ2〜3週間やってみて、B君が気に入ったら入会してみてはどうですか?もちろん今日入会されてもよろしいのですが。
Aさん : はい、それではそうさせていただきます。
      ところで T.R.C.というのはどう言うクラブなのですか?スクールではないのですか?
E氏  : スクールではなくクラブです。 子供も大人も、若いのもそうでないのも、男も女も、同じ会員;クラブという考え方です。高崎ラグビークラブの略で T.R.C.です。
      ラグビーの好きな連中が集まって運営しています。始まりは1975年(昭和50年)2月に高崎ラガーズ(35歳以上が加入条件の中高年者チーム)が結成され、1976年3月、少年部が発足しました。
      その後1984年(昭和59年)にT.R.C.に名称変更しています。 25年の歴史があります。
Aさん : はあー、すごいですねぇ。
C氏  : そうでもないですよ。みんな好きでやっていることですから。
      でも、最近は子供の数が少なくなっていて、子供を集めることが大変になってきています。
      もし、このクラブが気に入ったら、ぜひご近所の子供さんや同級生を誘っていただけませんか。
      一人でも多く集まればと思っています。 当クラブは楽しくをモットーにみんなでやっていますから。
Aさん : わかりました。試合とかはあるのですか?
C氏  : もちろんありますよ。小学生は年に3回、新人戦(6月)、小学生総体(11月)、カインズカップ(3月)。
      小学生総体とカインズカップで優勝したりもしています。
      それと遠征もあります。 県外から他のラグビースクールが
      来てくれることもありますよ。中学生はグリーン杯 (4月)、千葉遠征(6月と12月)、関甲信大会 (9月)、
      群馬県選手権 (10月)、水戸遠征(11月)、桐生遠征 (12月)もあります。
      また、合宿のことですが,合宿は当クラブ全体の行事ですから総力をあげて実施します。もちろん、
      成年部も参加してもらっています。

そうこうしているうちにB君が戻ってきました。

E氏  : B君、どうだった、楽しかった?
B君  : (ちょっと照れくさそうに) おもしろかった。
E氏  : 何がおもしろかった?
B君  : ボールを手渡しして、競争したり、走ったりボールを蹴ったり。でも転んでいたかった。
E氏  : 転んじゃったの、ケガしなかった?ちょっと汚れちゃったね。
B君  : うん、でも楽しかったよ。
Aさん : じゃあそろそろ帰ろうか。どうもありがとうございました。

と言って帰っていったAさん、途中から引き返してきました。
Aさん : 子供と話してみたんですが、やりたいというので、今日入会を申し込みます。
      申込書をいただけますか。



やった!! 仲間が一人増えた。